このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

暮らしのマナーはしつけから

犬と暮らすために大事なことは、しつけをしっかりすることでしょう。
賃貸マンションであれば、集合住宅でもあり、より重要になります。
犬もしつけがなされていければ、安易に迷惑行為をする可能性があります。
たとえば、無駄吠えなどがあります。
犬の武器は、吠えることと牙になりますが、犬が好きな人でも犬の鳴き声尾をずっと聞いていれば、嫌になるでしょう。
このため、しつけをきちんとすることで、無駄吠えを止めさせることです。
また、犬が走り回る音も、非常に迷惑となります。
子供のが走り回ったり、あるいは、大人のかかと落としの音も、マンションによっては、非常に響きます。
それをしないためには、マナーを持った生活が大事でしょう。
犬の場合、しつけになり、飼い主が毅然とすることで、犬は粗相を覚え、二度としなくなります。
それには、犬との間に主従関係をしっかり築き上げておくことです。
それには、犬より先に行動し、自分も目線よりも犬を上にしないことです。
あるいは、犬の背後にまわりフセをさえ、口を持ち上げるホールディングをすることです。
犬は、自分よりも上位のものをこういう肉体的なことで、覚えるようです。
もっとも、そうだからといって、犬をぶったりすることは、逆効果となることもあります。
あるいは、一見すると、言うことを聞いているようですが、痛いことをされたくないので、単に縮こまっている可能性があります。
結局、犬も子供と同じであり、恐怖心ばかりでは、あまり良い効果を与えないということです。
あくまで群れ中で、自分が上位であるということを態度などで表わすことが重要です。
ただし、犬などは、体でも学習します。
仮に、体に教え込ますのであれば、軽く触れる程度で、十分な面があります。
仮に主従関係ができていないと、犬は、自分が群れのリーダーと思い込みます。
そうであるのに、家族がついてこないため、無駄吠えをしたり、あるいは、部屋で暴れたりするようです。
逆にこれも、犬にとっては、可哀想なことです。
そのため、主従関係を築くことは重要であり、なおかつ、犬の特徴を重々理解しておくことが大事です。
仮にしつけがうまくいかないようであれば、訓練士を呼ぶことも一つの方法です。
そうでなければ、役所の講習などを受けることです。
無料の場合もあるため、市報などで確認すべきでしょう。
いずれにせよ、犬と賃貸マンションで暮らすということは、一緒の群れに所属していることでもあるのでしょう。
Copyright (C)2019ワンコと一緒に暮らせます☆最近人気の賃貸物件.All rights reserved.