このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

見学と審査も確認

不動産に大事なことは、物件情報を見つけた後、現地に赴くことです。
これは基本的なことでもあり、購入でも賃貸でも、共通していることです。
もちろん、犬と暮らせる賃貸マンションであっても、同様です。
通常、不動産会社の担当者が同行します。
物件情報の間取り図などを確認し、それが現地でも同じか否かが重要です。
仮に異なっていれば、きちんと確認することが大事です。
また、陽当たりなどを調べることも大事であり、水回りの使い方も重要でしょう。
さらに、賃貸マンションであるので、夜間に見学するのが、望ましいようです。
これは、他の世帯などが帰宅し、夜の状況を把握しやすいからのようです。
騒音などがあれば、それに対策となるでしょう。
また、犬を連れて来ることも、大事かもしれません。
これは、不動産管理会社の担当者との話し合いになりますが、犬を当該マンションの一室にいれ、どのように振る舞うかも、大事なことです。
もっとも、犬は、飼い主が決めたことであれば、従うのが通常です。
わざわざつれていく必要もないのでしょうが、やはり、日常を一緒に過ごすために、犬にもその点を感じさせることも、大事なことかもしれません。
しかし、物件の中には、ペット審査を実施しているところがあります。
これは、飼いたいペットが申請通りであるか否かを審査するものです。
犬であれば、申請した犬種であるか、あるいは、募集に見合ったサイズであるかなどが見られます。
主にオーナーの意向で行われるようで、申請と違えば、その時点で入居できない可能性があります。
また、犬であれば、人に吠えないか、あるいは、飛びついたりしないかなどを審査されます。
仮にサイズなどが申請と異なっても、犬の性格などが、マンション暮らしに合うと判断されれば、審査に通ることもあるようです。
なお、気に入った賃貸マンションであれば、周囲の状況をしっかり確認すべきでしょう。
犬であれば、散歩をすることが、通常です。
そのため、マンション周囲の環境が、散歩に向いているか否かが問題となります。
できれば、散歩しても、問題のない公園などがあれば、最適でしょう。
特に都市部であれば、そういう公園が重要になるかもしれません。
ただし、散歩においても、飼い主に対し、マナーが求められます。
この点もまた、十分弁えておくべきでしょう。
いずれにせよ、犬と暮らすためにも、気に入った賃貸マンションへ、見学に行くことは、非常に重要なことです。
確認すべきポイントを忘れないようにすることが、大事になるでしょう。
Copyright (C)2019ワンコと一緒に暮らせます☆最近人気の賃貸物件.All rights reserved.