このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

物件情報でのチェックポイント

不動産を購入したり、借りたりするのであれば、まずは、物件情報を探す必要があります。
探し方としては、今では雑誌ばかりでなく、インターネットがあります。
効率的な検索などができるようです。
しかし、物件情報をしっかり確認することで、犬と賃貸マンション暮らしが可能となります。
ならば、どういう点が重要なのでしょうか?
それは、ペットが許されているか、どうかをまずは、確認することです。
通常、ペット可、あるいは、ペット相談との記載があります。
ペット可は、その通り、ペットが飼える賃貸物件であり、何の問題もなく、犬を飼うことができるでしょう。
ペット相談の場合、不動産管理会社、あるいは、オーナーなどの意向を聞くことで、ペットが飼えるか否かが決まります。
しかし、ペット可でも、ペット相談でも、どちらでもペット飼育が許されていることは確かです。
また、飼えるペットを指定しているところがあります。
たとえば、小型犬のみという場合があります。
これは、その通り、小型に相当する犬であり、場合によっては、室内犬との記載もあります。
しかし、中型犬であっても、もっとも小さいタイプであれば、小型犬と変わらないものもいます。
こういう場合、相談となる可能性があります。
また、ペットを飼える物件であれば、敷金が高めである傾向があります。
これは、以前の名残と言えるかもしれませんが、ペットがいることで、部屋を汚す可能性が高くなり、退去後の修繕費用が掛かってしまうとオーナー側が考えれているからのようです。
通常、敷金であれば、家賃の何ヶ月か分になります。
それが、一二ヶ月多くの傾向があるようです。
ただし、これはあくまで傾向です。
賃貸マンション中でも、ペットがいてもいなくても、敷金が変わらないところがあります。
あるいは、敷金を取らない物件もあります。
この点も、物件情報で、しっかり確認すべきでしょう。
なお、敷金とは、担保金のようなものです。
通常、オーナーは、退去後にリフォームをしますが、通常、オーナーの積立金を利用します。
しかし、それで間に合わず、なおかつ、それまでの入居者が明らかに傷つけたと判明した場合、敷金が充当されます。
闇雲に当てにないようになっていますが、誤解が生じれば、トラブルとなります。
大事なことは、戻るか戻らないか分からないお金であるとの認識でしょう。
いずれにせよ、犬と暮らせる賃貸マンションを探すには、物件情報をきちんとチェックすべきであるということです。
Copyright (C)2019ワンコと一緒に暮らせます☆最近人気の賃貸物件.All rights reserved.